まさか…インプラントに落とし穴があるなんて…
インプラントのイラスト

最近、インプラント治療の人気が高まっています。
歯の無い部分にチタンを埋め込み、その上に人工歯をかぶせるという治療で、入れ歯と比べると本物の歯のように噛むことができるため、希望する患者さんが増えています。
インプラント治療は、快適さや見た目の美しさなど、メリットばかりが誇張されています。

しかし、インプラント治療にもデメリットはあります。
メリットばかり見てしまうと、気付かないうちに落とし穴があるかもしれません。
欠点や失敗というのは、治療を受ける前に知りたくないと考えるひともいるかもしれませんが、自分が受けるのであれば、安全のためにも知っておくべきです。

まず、インプラントは100%成功する治療ではありません。
10年後の状態は90%が良い状態を保っていますが、残りの10%は失敗してしまったということです。
インプラントの失敗というのは、術後すぐにあらわれるものと、しばらくしてからあらわれるものに分けることができます。

歯茎から出血している様子のイラスト

すぐに出るものとしては、チタンを埋め込む手術の際に起こるトラブルです。
ドリルで骨を削って、チタンを埋め込みますが、この際に歯科医師の経験不足により多く削ってしまうと、出血多量になるリスクがあります。
過去には、骨の下の動脈を損傷させることで、出血多量に死亡例もあります。
死亡しなくても、神経にふれていると、術後にしびれや痛みが残ってしまうこともあります。

そして、治療後は快適に噛むことができたのに、だんだんと状態が悪くなっていくという落とし穴もあります。
インプラントは、治療すれば終わりというものではありません。
定期的にメンテナンスを受け、噛み合わせの調整やクリーニングを受けることで、状態を保ちます。
何度も来院しなければいけないというのは、欠点のひとつでしょう。

特に問題がないからと、メンテナンスを受けないでいると、インプラントは自然に抜け落ちてしまうことがあります。
いきなり抜けるのではなく、噛みにくくなったり、グラグラするという段階がありますが、放置することでせっかく埋め込んだチタンが骨から抜けてしまい、人工歯と一緒に取れてしまいます。
一度抜けてしまうと、すぐに元の状態に戻すことはできません。

インプラント治療は、失敗する可能性もありますし、定期的なメンテナンスなど患者さんにとっても欠点もあります。
それらを理解した上で、きちんとした説明を受けてから治療を受けるようにしましょう。